侍ジャパンおめでとう♪
WBCで日本が2連覇達成しましたね

以下、関連記事↓

第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝戦日本-韓国は23日、米ドジャースタジアムで行われ、日本は延長十回にイチローの一打が出て、5-3で破り、世界一の栄冠をつかんだ。原監督率いる侍ジャパンは、王貞治監督が率いた06年の第1回大会に続く連覇となった。


 韓国とは今大会4戦して2勝2敗の5分の成績で迎えた。同点で迎えた延長十回、日本は2死二、三塁からイチロー(マリナーズ)がセンターへタイムリーヒットを放ち、2点を勝ち越し。そのまま逃げ切った。

 試合は日本が初回、三回1死一、三塁で小笠原(巨人)がライトへタイムリーを放ち1点先制。その後、同点に追いつかれたが、七回無死一、三塁から中島がレフトへタイムリーを放ち、勝ち越した。さらに八回には、1死二、三塁で岩村(レイズ)がレフトへ犠牲フライを放ち、貴重な追加点を上げた。

 韓国は五回、唯一の米大リーガーである秋信守がセンターオーバーの本塁打を放ち、八回には1死三塁から李大浩のセンターへの犠牲フライで1点差に詰め寄り、先発・岩隈(楽天)は降板。さらに、九回から登板したダルビッシュ(日本ハム)を攻め、1死後、金賢洙、金泰均が連続四球。2死一、二塁として李机浩がレフト前へ同点タイムリーを放ったが、延長戦で力尽きた。

(毎日新聞)


午前中は診療の都合で音声だけで観戦し、お昼休みにテレビ観戦しました

9回裏の優勝が決まりかけた時のまさかの同点

そして、10回の2アウト2・3塁でのイチローのワンバウンドするボール球を打ちに行く積極的なバッティング。そして、試合を決めたと言ってもいい2得点を入れた2塁打。

前半こそ不調と言われたものの、肝心な所で決めてくれましたね

残念ながら10回裏の韓国の攻撃の時に院に戻らないといけない時間になり、

急いでバイクで向かって接骨院でを点けた時には、すでに優勝が決まってました


今夜のニュースもWBC優勝で持ちきりでしょうね

スポンサーサイト
[2009/03/24 16:55 ] | 院長の日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<風邪に注意! | ホーム | 週末はどうなる?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad