またしても・・・
朝のニュースをたまたま見てたのですが、またしても不正請求で整骨院が取り上げられたみたいですね。

ソースはこちら

以下、文章を引用。


 奈良産業大学(奈良県三郷町)硬式野球部の元監督(50)が経営する整骨院=同町=が、療養費を不正請求していた疑いがあることが県の調査でわかった。治療を受けていないにもかかわらず、野球部員に療養費の支給申請書に署名させていたとみられる。不正受給の総額は数百万円にのぼる疑いもあり、県と近畿厚生局奈良事務所が今後、元監督や部員らから事情を聴く。

 奈良県保険福祉課によると、昨年9月ごろ、元監督が経営する整骨院が療養費を不正請求しているとの情報が寄せられた。市町村などから支給申請書を入手して調べたところ、患者1人に対し、月10回以上の診療が何カ月も続いている▽診療部位が多い▽治癒までの期間が長い――など不自然なケースが複数見つかったという。

 大学によると、現在の野球部監督が元監督から申請書類を受け取り、複数の部員に書かせていたことを認めているという。監督は「不正にかかわっているとは思わなかった」と話しているという。大学は調査委員会を設置した。

 元監督は84年に初代監督として就任。99年まで務めて全国大会に計8回導き、プロ選手になった教え子も多い。98~04年は経済学部助教授も務めた。整骨院は06年に開院した。



こうして記事を見ると、日常的に不正が行われていたみたいですね。

しかも、現監督も共犯だよね。

療養費支給申請書にサインをさせといて、「不正に関わっているとは思わなかった。」って。

何の用紙か分からずに生徒にサインを求めるってのは教育者としてどうなのか・・・。

一番の原因はこの元監督(整骨院経営者)なんだけどね。

柔道整復業界全体の評判を落とすような事は本当にしてほしくありません


鹿児島の生活情報誌に「耳ツボダイエット」の広告を毎月掲載している某整骨院グループがあるのだけど、「ツボの○○」と掲載するのはまぁ良しとしよう。

だけど、(△△整骨院併設)とは書くな

整骨院は耳ツボもできるんだ。って思っちゃうだろう。

受付と施術スペースはそれぞれ別(整骨院と耳ツボの二つずつ)で作っているのか?

ただの健康保険の使える揉み屋となっているのではないか?

以前、捻挫の処置すらしてもらえなかったという院はこういった類の院でしたからね。

モラルの低い治療技術も無い院は消えて欲しいけど、保険の使えるマッサージ屋として利用する方がいる限り、無くなることはないんですよね

残念ですが、これからも、こういった柔道整復師関連のニュースは出てくるでしょうね。



スポンサーサイト
[2009/01/19 17:40 ] | 院長の日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<お宮参り | ホーム | 子供貯金>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad