蛍光灯
昨日、待合室の蛍光灯が急逝しました・・・。

予備の蛍光灯が無いため、少しだけ薄暗くなっちゃってます

でも、そのおかげか、毎晩当院の明かりに寄ってくる虫が昨夜はほとんどいませんでした

昨日の内に新しい蛍光灯を発注していたのに、本日到着できず。

明日には届くと思うので、院内全ての蛍光灯を交換いたします

また腰・腹の筋肉がつらないように、家から脚立まで持ってきてあります
スポンサーサイト
[2008/08/07 19:09 ] | 院長の日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<お盆休みの予定 | ホーム | 包帯>>
コメント
No title
>>ぽっぽさん
国家試験の合格率のみに関して書いた記述でございます。
医師のインターン等までは書いたつもりはないのですが、ぽっぽさんの記述を参考に、文章の変更をさせていただきます。
ご指摘ありがとうございます。

組合保険の問い合わせについてですが、問い合わせが来たら持ってきて下さい!とは書いておりません。
用紙の書き方が分からない。という方が非常に多いので、その場合は当院にお任せ下さい。と書いたつもりです。
数ヶ月前の施術に対して、間違った回答をされたら請求したのが受理されなくなりますからね。

紹介状についてですが、別に整形外科の悪口を書いているつもりは微塵もありませんし、整形外科では骨折後の治療が悪いと書いた事は一度もありませんが・・・。
レントゲン検査だけで触診もせずに診断をされる所も実際の所ありますので、それはいかがかと。と書いただけです。(全ての整形外科がそうだとは一言も言っていませんし、当院が紹介状を出す整形外科はきちんと丁寧に診察、説明をしてくださって、当院に返答書を送ってくれます。)
私達柔道整復でも、ろくに診察もせずに全身マッサージをする院もありますからね。
一般の方から見ての医療(柔整は医療類似行為ですね)に対する問題を取り上げてみただけの事です。
実際に、柔道整復に関しての批判もしていますよ。
ご指摘の通り、これからは表現に気を付けて行こうと思います。
貴重なご意見ありがとうございます。
[2008/08/08 10:16]| URL | 院長 #- [ 編集 ]
No title
>国家試験の合格率は全国で70%台と、医者の90%台に比べ狭き門となっております

この表現はフェアじゃないですね。医者は、高倍率の最難関の医学部入試に合格して大学で6年修学して3日日間ある国家試験の合格して初めて医師になります。(因みに、柔整では3年の修学期間と1日のテスト)さらに2年間の臨床研修をへて整形外科なら4年間専従で学会が定めたプログラムでオペや読影をし、学会での発表なども経てこの研修が終了して初めて専門医の受験資格を得て受験して合格することで専門医になれる。またその試験の合格率は70%ぐらいですよ。あなたの表現はこのようなことをすべて無視したものですね。患者に医者に対する偏見を植え込もとしているもでは。

>組合保険から後日、「接骨院への治療日数・部位・金額等の照会」が患者様の元へ文書でくる場合がありますが、そのような書類等も当院へお任せください。

なぜ個人宛に送られてきたものを提出する必要があるのでしょうか。組合が提出せよと言うなら理解できますが、それなら組合が直接連絡をとるのでは。だから一体なぜこのような記述があるのでしょうか。

>それぞれの専門医療機関へ紹介状を出すようにしておりますので、ご安心ください

ホームページや掲示板などの記述(例えば、整形外科はレントゲンがなければ診断できないとか、整形外科では骨折後の治療が悪い)などどう見ても整形外科を敵視したような発言をされていますね。その様な方から、整形外科の方が紹介を受けたらはたして気分が良いでしょうか。もう少しましな表現の方法がるのでは。
[2008/08/08 00:20]| URL | ぽっぽ #mQop/nM. [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad